ゼロキャロは妊娠中や授乳中に飲んでも大丈夫?

ゼロキャロは妊娠中や授乳中に飲んでも大丈夫? 未分類

妊娠中や授乳中や産後など、特に体重の増加が激しいじゃないですか。

正直、子供を授かるのは嬉しいことなのですが、体重の増加がかなり気になりますよね。
それに妊娠中は体重が増加しやすく、極度に増えるのは赤ちゃんの健康に響くかのせいも・・・。

だからといって、ダイエットはどこまでしていいのでしょうか?
特に、私は【ゼロキャロ】で体型維持やダイエットもしてるのですが・・・。

これって妊娠中や授乳中に飲んで大丈夫なのでしょうか><?

まずは、結論から言いますね!
ゼロキャロは【妊娠中】【授乳中】に飲みたい方は、自分の判断ではなく医師に相談するのが一番の得策です。

やはり、変動の多い時期だからこそ自分だけでの判断はしないほうがいいてことなんでしょうね。

妊娠中や授乳中のダイエットについて

妊娠中
妊娠中はどうしても、食べたら食べるだけ体重が増えます。

特に、赤ちゃんが急激に大きくなるときである7ヶ月からは増加が激しくなるんです。

どうしても、体重が気になるのでダイエットしたい気持ちも分かります。
実際に、食事制限などで体重増加を抑えているお母さんも沢山いることでしょう。

そういった時期にダイエットをすると言うことはどういうことなのか説明します。
確かにゼロキャロには、フルーツや食物繊維などダイエットに向いている成分が多いです。

それに、妊娠中にゼロキャロを飲んではいけないと書いていませんでした。
※公式サイトの隅々まで読みましたが、特に妊娠に触れられていません。

なので、妊娠中でもゼロキャロを飲んでいる方も中には存在することでしょう。

ですが、妊娠中は特に赤ちゃんの成長に関わってくるのが母親の栄養素。
なので、過度なダイエットはストレスや赤ちゃんの成長に何らかの問題も起きる可能性が!

なので、妊娠中は特にかかりつけの医者に相談することが大事になってきます\(^o^)/

では、授乳中ならばゼロキャロを飲んで良いのかと言うことなのですが・・・。
これも、かかりつけの医師に相談する必要があります。

完全母乳で育てたい人は、特に食べるものが母乳に関係してくるんです。
過度なダイエットによって、母乳が出てこなくなるというケースもあるんだとか・・・。

つまり、母乳を与えている間も過度なダイエットは控えたほうが良いんです:D
体重が気になるでしょうが赤ちゃんと育てるために頑張った証ですので、急激に痩せようとするのは控えたほうが良いでしょう。

産後のダイエットについて

では、授乳を終えた後ならばゼロキャロを飲んで良いのかという点です。

もちろん、赤ちゃんに栄養を与えるのではないのでゼロキャロを飲んでも良いかも知れません。
ですが、ちょっとまってください!

産後の授乳中は、どうしても体重が増えたのが気になるものです。
特に、赤ちゃんの体重とは違う分のエネルギーが身体に備わっていますよね。

妊娠前と産後では10キロも体重が違う人もいます。
ですが、安心してください><

産後はどうしても、体重が増えているものなんです。

授乳によって自然に体重も落ちていく人が大半です(^o^)
母親にも、母乳をあげているとすんなり体重が元に戻ったと言ってました(笑)

でも、流石に産後食べすぎては体重の増加になるので注意してくださいね?

お母さんの体調もあるので、やはり完全に母乳をやめてからのゼロキャロの使用をおすすめします。

どうしてもゼロキャロを飲みたい方は、必ずかかりつけの医師に相談してくださいね(*^^*)

産後少しずつ身体を動かし、母乳が終わり次第ゼロキャロで3ヶ月から半年かけてダイエットしましょう!

アレルギーの心配について

妊娠中や授乳中は、ゼロキャロは控えたほうが良いという結論に達しました。
ですが、医師が大丈夫だと判断された場合はゼロキャロを飲んでも大丈夫です。

飲む場合は無理のない程度に、ゼロキャロを飲んでダイエットしてくださいね(*^^*)

実は、妊娠や授乳とは関係ないのですが【アレルギー】についての質問が来たんです。
一応、身体のことなのでこれについても少しお答えします。

ゼロキャロはアレルギーの表示義務や推奨されている特定原材料は入っていません。
(原材料名:アップルファイバー(りんごを含む)(ドイツ製造)、難消化性デキストリン、L-カ ルニチンフマル酸塩、アガベイヌリン、グレープフルーツ果汁パウダー、金時ショウガ末、グリーンコーヒー豆エキス、ビルベリーエキスパウダー、バナナパウダー(分岐オリゴ糖、バナナピューレ、デキストリン)(バナナを含む)、脱脂大豆(大豆を含む)、りんご果汁パウダー(りんご濃縮果汁、デキストリン、砂糖)、亜鉛含有酵母、銅含有酵母、セレン含有酵母/セルロース、ステアリン酸カルシウム、微粒酸化ケイ素、イノシトール、塩化カリウム、ビタミンC、香辛料、ナイアシン、ビタミンE、パントテン酸Ca、酸味料、乳化剤、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンA、香料、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12)

もしも不安な方は、原材料を確認しその点もかかりつけの医師に相談するようにしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました